Technical DataDCコアレスモータ

DCコアレスモータ

DCコアレスモータとは?

ロータ(回転子)にコア(鉄心)が無く、コイルだけをカップ状に巻いたタイプのモータです。
ロータの内側には円筒形状のマグネットを配置されています。

DCコアレスモータの特徴

・コア(鉄心)が無いので、マグネットに吸引・反発される繰り返し動作が無く、回転ムラ(コギング)がなく
滑らかに回転する。そのため、振動や騒音も小さい。

・ロータがコイルだけで成形されているため非常に軽く、慣性モーメントが小さいことから、応答性、加速性など制御性が優れている。

・コイルのインダクタンスが低い、高効率で消費電流が少ない、電気ノイズも非常に小さい、小型計量化が可能等、様々なメリットがある。

シチズンマイクロのDCコアレスモータ

優れた精密加工技術、及び、独自の巻線技術により、小型・高出力化を実現しました。(従来のφ10~24シリーズから、より幅広い用途にご使用頂けるようφ8のコアレスモータを新たに開発)

貴金属ブラシとグラファイトブラシの選定が可能(φ13以上)、また、貴金属ブラシには独自の長寿命化技術を採用しています。

カタログ標準品の他に、顧客のご要望に応じたカスタマイズが可能です。
(巻線変更、ボールベアリング、軸長、両軸、ハーネスなど)

磁気式・光学式のロータリーエンコーダ、及び、各種遊星・スパーの組み合わせが可能です。

機種 外径 長さ 定格出力
SCR8-17xx φ8 16.8 0.21W
SCR10-17xx φ10 17.0 0.26W
SCR10-25xx φ10 24.6 0.66W
SCR12-13xx φ12 13.2 0.12W
SCR12-18xx φ12 18.5 0.12W
SCR12-26xx φ12 26.3 0.97W
SCR13-20xx φ13 20.5 1.13W
SCR13-28xx φ13 29.0 2.01W
SCR16-25xx φ16 26.2 2.10W
SCR16-35xx φ16 36.2 1.42W
SCR17-25xx φ17 26.2 2.06W
SCR17-35xx φ17 36.2 4.34W
SCR18-37xx φ17.55 36.8 5.00W
SCR21-37xx φ21 36.8 5.74W
SCR24-32xx φ24 32.0 10.2W
モータの特徴 コアレスモータ コアード
コギング
応答性
効率
整流性
コスト
ブラシ材質の特徴 貴金属 グラファイト
電気ノイズ
大電流負荷
正逆転繰返し
連続高速回転
PWM・PLL制御

コアレスモータ

  1. ① 端子
  2. ② ブラシ台
  3. ③ ブラシ
  4. ④ コミュニテータ
  5. ⑤ コイル
  6. ⑥ シャフト
  7. ⑦ ベアリング
  8. ⑧ マグネット
  9. ⑨ ハウジング
  10. ⑩ ベアリング
コアレスモータ

コアードモータ

  1. ① 端子
  2. ② ブラシ台
  3. ③ ブラシ
  4. ④ ベアリング
  5. ⑤ シャフト
  6. ⑥ コミュニテータ
  7. ⑦ コイル
  8. ⑧ 鉄芯
  9. ⑨ マグネット
  10. ⑩ ハウジング
  11. ⑪ベアリング
コアードモータ